全国屈指の桃の産地として知られる岡山県。他県の桃が紅色を帯びているのに対し、岡山で栽培される桃は、上品なまでの白い果皮が特徴です。美しい白肌をまとった姿から「白桃」と呼ばれ、均整のとれた姿形、とろけるような果肉、華やかで高貴な香り、甘く瑞々しい食感を楽しめる桃の最高級品として多くの人に愛されています。

清水白桃発祥の地、岡山一宮の清水白桃

清水白桃発祥の地、岡山市一宮エリアの清水白桃をごぞんじですか?

岡山県の一宮地区で栽培されている白桃は、味・香り・食感ともに品格漂う、気品溢れる桃です。清水白桃は、種の硬核期に間引きを行うと種割れが起き味に渋みが出る為、他品種よりデリケート。手をかけて、丹精込めて栽培された桃は、まろやかで舌触り良く、本当の意味で後味が良い品種です。

朝採りももをその日のうちに発送。本場岡山一宮産の上品な清水白桃をお届けいたします。

収穫期間が短く、出荷可能な数量が限られる貴重なフルーツを、ぜひご堪能ください。

一宮エリアで栽培

清水白桃が見いだされて以来、岡山の各地で栽培されていますが、その味は生産地によって微妙に、けれども確実に異なります。究極の桃といわれる清水白桃のなかでも、さらに高い品質を誇るのが清水白桃の発祥の地でもある一宮地区産のもの。他の地区より繊維が細かい分、口に含んだ時、とろけるような果肉の食感に違いが出ます。これは地質に由来しているもので、同じ栽培方法であっても、一宮という場所でしか栽培できないものです。

夏の短い期間しか味わえないこの逸品は、大切な方への贈答品として、シーズンになると全国から注文をいただきます。